I cannot enter and I cannot leave

​入れないし、出られない。​​​​​​​

hairenai only.jpg

市民アートパレードに出品を考えていました。

テーマは「私の中の日本、世界の中の日本」

与えられた課題に対しての正直な気持ちは「分からない」でした。

「日本」も「世界」も、自分にとっては大きすぎて思考が止まるのです。

寄り添いすぎず、寄せ過ぎずに作ろうと決めました。

私のいつもの入口は「父」です。

考え出すと、幼いころの私にとっての

 

父は「日本」で、「世界」もまた父でした。

 

では今は違うのかな。

違う面もありますが、未だにそこから抜け切れていない部分も多いです。

小学校の校庭に白い犬が捨てられていました。

ポチと名付け飼いました。

夕方の散歩道、鼻歌をうたいながらポチと歩いて、家に帰ります。

無条件に穏やかで、楽しい記憶です。

 

もう犬小屋には、無理しても入れない。

でも、その心地の良い記憶から出られない。

大人になった私は、父は世界ではないと知っています。

そして、日本=父でもないと分かっています。

それでも、かつて培った感覚から出られず、留まり続けている部分が自分にあります。

109.jpg
hairenai.jpg
030.jpg
115.jpg
002.jpg

​《入れないし、出られない。》

  2015年 インスタレーション

​  熊本市現代美術館展示風景

​​​​​​​​​​​​​