もしもパパが死んだら、

​もっとパパを愛せるかもしれない。

titigasindara.jpg

父への感情は、複雑すぎて表現が難しい。

素直に尊敬できる存在だったら

いいのだが、そうもいかない。

 

素直に嫌いなわけではない。

単純に好きなわけでもない。

 

幼少期、父との交流につまづいた。

それが取り除けない。

もはや、無理な気さえしてくる。

さんざん彼への

微妙な気持ちに向き合い

作品に再構築することで、

感情の転化を試みてきたのに。

変化は難しい。

やはり、無理な気がしてきてる。

だけど、もしこの状態で

彼が亡くなってしまったらと想像すると

とても怖い。

取り残されて、つまづいたままの心は

どうなるのだろう。

もしもパパが死んだら、

もっとパパを愛せるかもしれない。

 

そうあって欲しいと願って

想いを棺桶に。

終わりから、始まるように。

titigasindara 2.jpg

《もしもパパが死んだら、​もっとパパを愛せるかもしれない。》

  2014年 インスタレーション

もしもパパ.jpg
もしもパパ2.jpg