しろが増えていく。

- For Whom The Bell Tolls - 

sirogafueru.jpg

大切なひと

居なくなったと知った時

置いていかれた心地でした。

 

視界は赤に染まって、

胸は痛く、

身が縮んで

動けなくなる気がしました。

 

けれど、私は動いています。

生きていて、作り続けています。

 

『誰がために鐘は鳴る』

鐘は毎日どこかで鳴っています。

悲しみは私のものであり、

私だけのもの。ではありません。

 

『誰がために鐘は鳴る』

居なくなった愛しい人に

伝えたかった言葉を、忘れられない想いを

ドレスに紡ぎます。

私や、あなたの視界の赤、残る痛みを、

紡いで、静かな白に変えていきたいです。

 

この作品は、誰でも参加できます。

置き去りになっている言葉や想いを、

どこかに 1 度吐き出したい方は想いを書いてください。

私がドレスに紡ぎます。

『誰がために鐘は鳴る』

 人は離れ小島ではない

一人で独立してはいない

人は皆大陸の一部 

   

もしその土が波に洗われると

ヨーロッパの大陸は狭くなっていく

さながら

岬が波に削られていくように 

あなたの友やあなたの土地が 

波に流されていくように

誰かが死ぬのもこれに似て 

我が身を削られるのも同じ 

なぜなら自らも人類の一部 

 ゆえに問う無か

誰がために弔いの鐘は鳴るのかと

それが鳴るのは

あなたのため 

(ジョン・ダン詩浜野聡訳)

sirogafueru 2.jpg